累計
今日
昨日

 無料のレンタルサーバーに分散していたいくつかのサイトを、Apple社が運営する、この「.Mac」のサイトにまとめることにした。中心になっているのは「旧 ANNEX」。さらに富士山関連のページもこちらに移した。

 折角Apple社のサイトなのだからと題名をちょっと気張ってみた。もちろんデザインもOSXを意識したものにしてみた。間違ってもWindowsXPを意識したものではないので間違わないように。

 コンテンツのデザインは今後もおそらくは旧来のままだが、出来るだけタイトルに恥じない形にまとめていこうと思っている。


更新しました
2005.8.14

 タイトルの「光」は、もちろん文字通りの「光」も意味しているけれど、「光の絵」である「写真」という意味も込めている。

 今、写真を趣味にする人は多い。そして今、写真はデジタル化の大きな波の中、かつてない変化のまっただ中にある。そんな写真の話をあれこれ。もちろん、カメラオタク的ネタ、メインサイトのテーマから離れた写真なんかもこちらに置く。

 光とMacの間にある「風」はふたつを結ぶ掛け橋。かつて風のように写真を撮りたいと願ったこともある自分だったり・・・なんてね。

 インターネットなんぞを始める前から、私はずっとMacを使っている。Macを使い続けることは、少なくともWindowsマシンを使うことに比べれば、お金のかかることだ。しかも出来ることが少ない。かといって能力がさほど高いわけでもないのだ。それでもMacを使い続けるのはどういうわけだろう。

 早けりゃ偉いってもんでもない。もちろんたくさんのことが出来れば偉いってわけでもない。ロートルに足を突込みかけたかもしれない年ごろの私自身の早さはもう限界に達しかけている。沢山ソフトがあったって使い切れないし、選ぶ努力をする気力すらない。使っていて気持ちの良いものがいい。